マンション管理士・管理業務主任者ってどんな資格?仕事の内容は?

※【景品表示法に基づく表記】この記事にはアフィリエイト広告を含んでおります。
マンション管理士・管理業務主任者ってどんな資格?仕事の内容は?

マンション管理士とは

マンション管理士と管理業務主任者は伴に平成12年に誕生した、マンションの管理に関わる国家資格です。

ここではそれぞれの資格がどんなものなのかをみていきます。

マンション管理士はひとことで言えば、マンション管理についての高度な専門知識を持ったエキスパートとして、マンション管理組合の運営や建物構造上の技術的問題などを、管理組合の理事)やマンションの区分所有者などの相談にのってアドバイスや指導を行うマンション管理の総合コンサルタントです。

マンション特有のペット問題・騒音・修繕など様々な問題について専門知識を武器に法的な見地からも助言を行う他にも、一般住民で構成される管理組合が、管理業者に委託した業務が適正に行われているかをチェックする役割も期待されます。

管理業務主任者とは

マンションの管理は一般的に管理業者に委託されます。

その管理業者が適正にマンション管理業務を行うために、専門知識を身につけたスタッフとして、30管理組合につき1人以上の割合で設置が義務づけられているのが管理業務主任者です。

管理業務主任者には以下の4つの独占業務があり、管理業務主任者以外はこの業務を行うことはできません。

管理受託契約前の重要事項説明
・重要事項に関する書面への記名・押印
・管理受託契約にかかる契約書への記名・押印
・管理事務に関する報告

これら独占業務に加えてマンションの適切な維持管理を行い、マンションの資産価値を保つためのマネジメントなども期待されています。

マンション管理士がいわば外部のコンサルタントとしてマンション管理に関わるのに対して、直接の当事者としてマンション管理に関わるのが管理業務主任者といえます。

資格取得によって得られるメリット

マンション管理士・管理業務主任者の資格を取得することは、マンション管理についての専門知識を身につけたことを対外的に示せるため、マンション管理会社や不動産関係会社への転・就職の際には大きなアピールポイントとなります。

もちろんンション管理会社であれば、一定数の管理業務主任者が必須となるので、非常に有利となりますし、会社によっては資格手当も期待することができるでしょう。

また、マンション管理士の場合、独立して自分の事務所を持ち、専門コンサルタントとして活躍する道も存在します。

それ以外にも、ご自身がマンションを購入、居住する際にも身につけた専門知識は生きてきます。

管理組合員として、理事会・総会などの場においても資格を武器にしっかりとした意見表明ができるほか、マンション管理会社との交渉なども有利に進めることができるでしょう。

社会的な需要が高まっている資格

多くの国民がマンションに居住している日本の社会で、マンション管理に関する問題は重要な位置を占める課題のひとつです。

国家資格者としてのマンション管理士・管理業務主任者管へのニーズは年々高まりつつあり、将来性の高い資格のひとつといえるでしょう。